VPSA9000

 ブロックベースのSANストレージのエンタープライズ機能と、ファイルベースのNASストレージの持つファイルアクセスや拡張性を併せ持った統合型ストレージシステムです。

内蔵SSDのアクセラレーション機能による帯域のI/Oリソース配置、ストレージ部分のリソースの配置をオンデマンドで提供することができます。

SAN・NASの仮想データ領域でなく、複数の仮想サーバを内部に構成することができる仮想サーバ&ストレージ基盤のパッケージ製品です。
  メーカ:Zadara Storage
特長
1.SAN構成、NAS構成に対応した接続
SAN構成では、iSCSIボリュームとして
NAS構成では、NFS/CIFSに対応した接続が可能です。

※左の画像はクリックすると拡大されます

2.RAID構成が自由自在

利用用途や目的、利用状態によって、ディスク選定とRAID構成が自由に設定することが可能です。

3.運用に応じた容量の変更
ボリューム拡張:使用する容量が逼迫
ボリューム縮小:予定していた容量分を必要としない
など、運用に合わせたボリューム容量の拡張や縮小が可能です。
4.追加ライセンスが不要なデータ保護機能
・ボリュームの同期ミラー
・ボリューム毎のSnapshot及び世代管理
・非同期ミラーによるボリューム複製
など、データ保護機能がライセンス不要で利用できます。
5.時間帯や運用に合わせて
       I/O帯域をスケジューリング
日中のI/Oやパフォーマンスは、
高:DBサーバ、低:BKサーバ
夜間は、低:DBサーバ、高:BKサーバ
と時間帯に応じて設定変更が可能です。
6.業務の継続運用を支えるマルチノード構成
ノードの故障
1-1 運用中にノード1が故障
1-2 経路がノード1⇒ノード2へ移行
ストレージの故障
2-1 ノード3:Storageが故障
2-2 ノード3からノード2:Storageへ移行
Node/Storageが故障しても、運用には影響しません。
7.マルチテナントに対応したアクセス制御
ユーザーごとにアクセス制御、また帯域の制限も同時に可能です。
8.自由度の高いデータ保全
SVM9000のデータをご利用状況に合わせて、同様のクラウドサービスへデータを転送することが可能です。
使用頻度の低いものなど、データの一部をクラウドに移すことが容易に行えます。 
Copyright (C) Technotrio Corporation All Rights Reserved.